北アルプス 朝日小屋

朝日小屋 TEL 080-2962-4639(衛星電話)
北又小屋 TEL 0765-84-8809
開設期間外 朝日小屋連絡所
 〒939-0711 富山県下新川郡朝日町笹川 清水ゆかり
 TEL & FAX 0765-83-2318

2020年度は、朝日小屋、朝日平キャンプ場、北又小屋、北又キャンプ場はすべて営業休止です。

前の記事

8月11日(木)は、中学校登山

2011-07-30

写真
コイワカガミ  11.7.21

 毎年7月末に実施されております

 地元・朝日中学校の学校登山が、今年は8月11日(木)~の1泊2日で行われます。

 例年皆様にお願いをしておりますが…、

 地元・朝日町に1校しかない中学校の2年生たちが、それぞれの思いで、北又からこのキツイ急坂の尾根道を登って来てくれます。

 学校としても、引率の先生方をはじめ、地元から大勢の応援スタッフを頼んでの、学校挙げての「一大行事」となっております。

 朝日小屋としましても、地元の子どもたちにぜひ貴重な体験をしてもらいたく、毎年この日は精一杯の準備をして迎えているところであります。

 どうぞ、そのような事情をご理解・ご了承の上、皆様方には出来うることなら、この8月11日(木)を避けてご宿泊を考えて頂ければ幸いです。

 また、どうしても日程的に重なってしまうが宿泊されたい、というお客様につきましては、当朝日小屋としても失礼の無いよう万全のご用意をしてお待ちいたしますが、何卒、子どもたちの頑張りに免じて、「静かな朝日小屋だと思ったのに」などということになりませんよう、重ねてお願い申し上げます。

 なお、もし8月11日(木)にご宿泊を予定されているお客様におかれましては、

 必ずご予約をお願い致します。

 お部屋の関係やお食事の関係等など、出来る限りの配慮をさせて頂きたく、よろしくお願い致します。

「蓮華車道」の開通は、8月5日(金)午後4時予定…!!!

2011-07-28

写真
「吹き上げのコル」付近も、花盛り  11.7.25 photo by H

 今日、新潟県糸魚川市から連絡があり、また蓮華温泉ロッジからも電話が入りました。

 シーズン初めより不通になっていました、「蓮華車道」(白池から蓮華温泉間)の開通が、当初予定(8月13日)より1週間早まるそうです。

「蓮華車道」の開通は、8月5日(金)午後4時の予定。

糸魚川バスも、8月6日(土)より運行の予定。

 その頃には、きっとお天気も回復し、夏空が再び訪れることと思われます。

 蓮華温泉方面も、水平道も、今が花盛り。
 そしてこれからも雪が解けた所から、まだまだ花たちが咲き出します。

 どうぞ、賑やかにそして可憐に咲いているお花たちを見に来てください。お待ちしています。

 なお、詳しいお問合せは、

 新潟県糸魚川市役所 交流観光課観光係
 TEL 025-552-1511 内線2323 まで

   

 以下の写真は、蓮華温泉方面で7月25日に撮影されたものです。
 撮影者は、新潟県側工事関係者のHさん。
 撮影場所は、白高地沢~花園三角点~五輪ノ森~吹き上げのコル。

写真
写真
写真
写真

「水平道」は、通行できます!

2011-07-20

写真
「水平道」、雪倉側分岐点の様子  11.7.20

20日、「水平道」の通行禁止を解除しました。

 ただし、未だ雪は残っています。
 「水平道」に残る雪が完全に消えるまでには、未だ少し時間が掛かります。

くれぐれも、踏み抜きや、木道や雪上でのスリップなどに要注意です。

 以下、写真はいずれも20日午前中撮影

写真
写真
写真
写真
写真

 「水平道」では、雪が解けた後から後から、お花たちが次々咲き出しています。

 これからが、一番の見ごろを迎えることでしょう。

7月14日現在、蓮華温泉方面の様子

2011-07-14

写真
ステップを切る 「吹き上げのコル」から下の斜面で  11.7.14

 今日、蓮華温泉方面の登山道確認に出掛けてきました。

写真

 「吹き上げのコル」から下の雪渓の状態を確認し、ステップを切ったり、ベンガラでのマーキングをしながら、「花園三角点」まで。

写真

 蓮華車道が通行止めということもあって、6月中旬の小屋開け以来今日現在まで、(朝日小屋泊まりで)朝日小屋~蓮華温泉の登山道を通過されたお客様は、未だおいでになりません。例年なら、とうに何人もの登山者が往来しているのですが。

写真

 残雪量は、例年並みです。

 「吹き上げのコル」から下の斜面や、「八兵衛平」周辺、「五輪の森」手前辺りなどに、未だ雪が残っていますので、スリップしての転倒や、特に『踏み抜き』に注意して歩いて下さい。

写真
写真
写真

 この3連休を利用して、朝日小屋から蓮華温泉を目指すお客様もボチボチいらっしゃいます。
 蓮華温泉に宿泊して、車道を歩いて帰路に着かれる方、白馬大池を経由して栂池に戻る方、などなど。

 今、蓮華温泉方面も咲き出したばかりの花たちで、本当に素敵な時季を迎えています。

 登山道に問題はありませんので、ぜひ蓮華温泉方面にも出掛けてみられては、いかがですか。

7月10日現在、栂海新道の情報

2011-07-14

写真
水芭蕉咲く黒岩平付近  夏山事前パトにて  11.7.10

 先日の夏山事前パトロールでは、山岳警備隊2名と朝日小屋1名の、計3名が栂海新道を親不知まで下りて、コース全体の様子を把握して来ました。

 途中の水場は、7月10日現在、地図に落としてある「水マーク」の箇所については、それぞれ問題なく水が取れたとの報告を受けています。

 また残雪の様子ですが、例年通り、アヤメ平に下りる1箇所だけがかなりの高さの雪壁になっていて、迂回したほうが得策だという判断で、目印となるステップを切ったりベンガラでマーキングを施してきてあります。

写真
写真
写真

 黒岩平については、未だ雪が残っているのできちんとルートを見定めるよう注意が必要ですが、所々にテープでの目印もありますから、それらも頼りになるでしょう。

 今は咲き始めの水芭蕉やリュウキンカなどが楽しめ、またこれからはヒオウギアヤメなどが咲き乱れる栂海新道も、アルプスと海抜0メートルまでを繋ぐメモリアルなコースとしてお勧めです。

7月14日現在、水平道は通行止め、山頂廻りで

2011-07-14

写真
水平道と頂上廻りの分岐点には、「通行止め」の標識有り  11.7.13

7月14日現在、「水平道」は通行止めとさせて頂いております。

分岐点からは、朝日岳山頂廻りでお願いします。

 先日の夏山事前パトロールに続き、13日も登山道の点検に出掛けましたが、「水平道」につきましては、未だ安全が確保出来ないとの理由から通行止めとし、白馬岳からいらした場合、分岐点からは朝日岳山頂を廻ってもらうようにしております。

 明日15日には、再度点検に出ますが、分岐点に通行止めの標識があった場合には山頂経由でお願いします。

写真
V字に沢状になった箇所  夏山事前パトにて  11.7.9

 水平道の途中に、V字になった沢状の場所が2箇所あるのですが、雪が薄くなってきた場合、うっかり踏み抜くとかなりの高さから落ちてしまうことがあります。

 危険を回避するための措置ですので、何卒ご了解下さり、山頂を経由して朝日小屋においで下さいますよう、重ねてお願い致します。

 例年ですと、7月20日前後での水平道開通となっております。

 今年の海の日連休は、それより少し早めですので、ギリギリ開通出来るか出来ないか、というところだと思います。

 小屋から連日出掛けて、スコップで雪を落とす作業もしておりますが、今しばらくお待ち下さい。
 よろしくお願い致します。

写真
写真

7月9日現在、「鉢ヶ岳」の巻き道

2011-07-14

写真
「鉢ヶ岳」の巻き道で、雪をカッティングする作業   11.7.9

 先日7月8日~11日の日程で、白馬岳~朝日岳~栂海新道(および北又方面)における夏山事前パトロールが実施されました。

 参加者は、富山県警山岳警備隊員と朝日岳方面遭対協隊員で、朝日小屋からも1名が参加しました。

 以下、「鉢ヶ岳」巻き道の残雪の様子を写真で掲載します。(いずれも、撮影日は7月9日)

写真
写真
写真
写真

 心配された残雪ですが、梅雨明け前の大雨で思った以上に雪解けが進み、現在は『例年並み』の雪の量となっています。この後も、夏の陽射しで雪解けが加速することでしょう。

 ベンガラでのマーキングもしてあるので、ガスった時には頼りになります。

 蓮華温泉側に向けて、勾配のある斜面となっている箇所もありますが、一歩一歩確実に足を置いて歩かれれば、必ずしもアイゼンが必要ということはありません。
   ただしどうしても心配な方は、今しばらくは軽アイゼンなどの装備をされると良いでしょう。

 

朗報!!…タクシー乗車に「助成金」

2011-07-12

写真
こんな夕焼けを見に、朝日小屋へおいで下さい!!   11.7.9

 この度、平成23年度において「朝日町体験型山岳観光振興事業」の一環として、朝日町より、

小川温泉元湯(あるいは、JR泊駅)~北又小屋までのタクシー利用に対して、

料金の一部を助成して頂けることになりました。

助成額は、タクシー利用 1回につき 1人・1,000円

これは、かなりのお得デス!!!

 ※ ただし助成額に限りがあるとのことで、助成額全体が終わると、補助は終了するもよう ※

 北アルプス・朝日岳の富山県側の登山口は、『北又』『北又小屋』です。

 北又までの「町道・湯ノ瀬~北又線」は、道幅も狭く危険を伴う林道の運行であるため、許可車以外の一般車両は通行禁止となっており、定期運行バスの類は運行していないので、一般登山者の皆様が北又まで行くには徒歩もしくはタクシーしか手段がありません。

 朝日町でも様々な案を考え、何とかして、少しでも大勢の登山者や森林浴体験、渓流釣りなどの皆様に利便を図れないかということで、町が北又小屋までのタクシー利用料金の一部を補助することになったのです。

 今年は、朝日岳の新潟県側の登山口、蓮華温泉への車道が8月中旬頃まで通行できないとの情報があります。

 朝日町からは、タクシー料金の助成が始まりました。

 今シーズンは、北又から恵振山を経て、朝日岳に登ってみませんか。
 北又を出発点として、栂海新道に挑戦するチャンスかもしれません。
 白馬岳から雪倉岳、朝日岳を縦走してお花畑を堪能し、ブナの原生林生い茂る恵振尾根を北又へ下山するのもいいかもしれませんね。

 詳しい内容は、以下をご覧ください。