北アルプス 朝日小屋

朝日小屋 TEL 080-2962-4639(衛星電話)
北又小屋 TEL 0765-84-8809
開設期間外 朝日小屋連絡所
 〒939-0711 富山県下新川郡朝日町笹川 清水ゆかり
 TEL & FAX 0765-83-2318

2022年シーズン、朝日小屋の営業について

前の記事 次の記事

ダウラギリ事故、7日までの状況

2010-10-07

写真
朝日平にて  10.10.6

 本日(7日)、山本季生君のお姉様から電話が入りました。

 結果、現時点までの報告があり、また今後朝日小屋へは、状況報告について、愛知県の日プロガイド協会事務局から直接連絡が入ることになりました(メール送信による)。

 お姉様のお話では、留守家族の意向として、ご心配頂いている関係者やカンパにご協力頂いた皆様に、正確な情報をお伝えしたいということから私に連絡がありましたので、阿曽原温泉小屋・佐々木さんや関係者にお伝えし、そして皆様にも、一部になりますがお知らせ致します。

 また、「山本季生君を救援する会」が立ち上がり、富山県内を中心として多くの皆様から善意がお寄せ頂いていることに、山本君のご家族が深く感謝されている旨もお伝え願いたいということでした。

 以下、日プロガイド協会からの報告。(途中省略あり)

 ------

 はじめに、
 日本の生活習慣から、各手続きや準備がビスターリ(ネパール語でゆっくりの意)で、状況報告から察すると「もっと早くできないのか」と思われることもありましょうが、ネパールの国政上どうやってもこれ以上できませんので、ご了解くださいますようお願い申し上げます。…メールの文面そのまま

 10月7日午前中、これまでの報告。

 捜索メンバーは、島田・平岡・花谷、シェルパ5名
 8~9日にヘリでの移動を含めてBC入り、以降捜索に入ること
 日数は、予備日を入れて数日間

 角谷・花谷は、新たな登山隊の許可を取得
 島田・平岡は、これまでのパーミッションを引き継ぐ

 なおネパールでは、ダサインが14~19日で行われる為、国内の行政・交通網がほとんどストップすること、そのことの影響でスケジュールが変更になる可能性もあり。

 ------

 この他、日プロガイド協会からのメールからは、今回の事故では、現地日本大使館の大きなバックアップを受けていること、頻繁に連絡を取り合っていることなどが伝えられています。

 また、山本君のお姉様からのメールには、さとみさん(すずちゃん)からのメールが転送されていました。

 以下、さとみさん(すずちゃん)から山本君のお姉様に、6日に届いたメールです。

 ------

 さとみです。今日はベースから戻った荷物を整理しています。写真が出てきたので送ります。
 当時着ていたものなど、捜索の手がかりとなる情報を集めます。

 (中略)

 写真、酸素を吸っているのが、ベースに残って頑張ってくれていた、島田さんです。
 本当に頑張ってくれています。

 それでは。よろしくお願いします。

 ------

 事故発生以来ベースに残って捜索していた島田さんが、一旦カトマンズに戻った時に、同じへりに載せてBCの荷物が一部下げられて来たらしく、それをすずちゃんが整理しているとのこと。

 写真には、BCの中で楽しそうに談笑しているメンバーが写っていました。もちろん、山本君も。

 緊急な対策が求められる山岳遭難事故とはいえ、誰もが容易に入山し捜索に入れる現場でないことから、現地と関係者の様々な思いや行動が伝わって来ます。

 「山本君を救援する会」の活動も、新聞各社やテレビの報道により、広く皆様方にご承知頂く所となり、カンパが集まり始めています。本当に有難うございます。

 朝日小屋も小屋閉め直前となり、山本君に関する件を全てこの日記の中で掲載することも難しくなってくる状況にもありますが、なるべくご報告もしていきたいと思いますので、よろしくお願い致します。