北アルプス 朝日小屋

朝日小屋 TEL 080-2962-4639(衛星電話)
北又小屋 TEL 0765-84-8809
開設期間外 朝日小屋連絡所
 〒939-0711 富山県下新川郡朝日町笹川 清水ゆかり
 TEL & FAX 0765-83-2318

2021年シーズン、朝日小屋の営業について

行方不明の、下山 隆(ニザヤマ タカシ)君を捜しています!!!

2013-05-07

写真
昨年秋、小学3年の次男を連れて、「黒部下の廊下」を往復した時  2012.10

 数か月ぶりの日記になりました。

 それが、こんな記事になろうとは思ってもいませんでした。

 先月16日(火)に栂池ロープウエイ最終駅を出発し、天狗原・白馬乗鞍岳を越え、雪倉岳・朝日岳・蓮華温泉方面に出掛けたまま行方不明になっている、単独行の登山者がいます。

神奈川県横浜市在住の男性(52歳)は、下山 隆君。

 実は彼は、富山県朝日町出身で、高校時代に朝日小屋でアルバイトをしていました。
 亡父・下澤三郎が管理人をしていた、昭和50年代のことです。

 今回、1週間という長い休暇が取れた彼は、大好きな通い慣れた地元の山域へと向かいました。

 遅くとも先月21日には帰宅する、という彼が戻って来ないのを心配した奥様が、立ち寄るはずだった蓮華温泉ロッジに電話を入れましたが、顔を見せていないということで長野県大町警察署に捜索願が出されました。

 その後、長野・新潟・富山の各県警がヘリコプターからの捜索を行なってくださいましたが、今日現在未だ発見されていません。

 ゴールデンウイーク中には、大勢の登山者の入山が予想されるということで、ご家族が捜索のお願いでビラを撒かれることになり、友人たちや私も栂池ロープウエイ駅へ行って来ましたが、手掛かりは得られませんでした。

写真
登山者の皆さんに、捜索のお願い 中央黄色のダウンが奥様 栂池ロープウエイ駅にて  2013.4.27

 装備について等、詳細については、横浜に戻られたご家族や友人たちが点検作業をしている最中なので、詳しくは分かっていませんが、単独でのスキーでの山行です。

 彼は、20歳の時にネパールの5,000m峰を登り、43歳の時には8,000m峰チョー・オユーからのスキー滑降も成功させています。

 武術の全国大会で優勝したり、トライアスロンの大会に出場したり、常日頃から身体を鍛えていた彼です。

 上の写真は、下山君が昨年10月に黒部下の廊下へ、小学3年生の次男を連れて行った時のものです。

 阿曾原温泉小屋に泊まったそうですが、小さい子ども連れだったので、オーナーの佐々木 泉さんが覚えておられました。

 秋の忙しい時だったけれど、下山君から声を掛けて来てくれて、「泊高校出身です」と地元の高校で山岳部だったことを話してくれたそうです。

 小さい息子さんが、頑張って歩いて来たのでご褒美にプリンをあげたとかで、よく覚えているとのことです。

 そんな彼が、地元の山で行方不明になるなんて、信じられない思いです。
 何としてでも、連れて帰りたい一心です。

 どうか、白馬岳・雪倉岳・朝日岳・蓮華温泉方面で、何か情報がありましたら、朝日小屋連絡所までご一報頂けないでしょうか。

 よろしくお願いいたします。  

下山君発見、のご一報

2013-05-16

写真
在りし日の下山君、昨秋の阿曾原温泉小屋にて

 下山 隆君を捜してほしいと、このHPで書きましてから今日まで、皆様方には多方面からのご支援や援助を頂きまして、本当に有難うございました。

 残念ながら、昨日(5月15日)午前11時半頃、山に入ってからちょうどひと月、還らぬ人となった姿で下山 隆君は発見されました。

 発見された場所は、蓮華温泉ロッジからわずか30分程、天狗の庭付近の沢です。

 ヘリコプターで収容された彼を、ご家族と一緒に糸魚川警察署まで迎えに行き、昨夜遅く朝日町泊のご実家に連れて帰りました。

 未だ混乱の中ですので、詳細やご挨拶などは、後日とさせて頂きたいと思いますので、ご了解願います。

 なお、彼を救援するためのカンパ活動には、全国から多大なご協力を頂きました。本当に有難うございました。重ねてお礼を申し上げます。

 本当に有難うございました。

 とり急ぎ。

 

 

弔辞、ニザへ

2013-05-24

写真

 皆様方には、今回の下山 隆君の遭難にあたり、多方面からのご支援、そして温かいお言葉など頂きまして、本当に感謝申し上げます。

 先週5月18日に、無事葬儀を済ませニザを送ることが出来ました。

 未だ、ご家族そして私共々、後片付け等など落ち着かない毎日です。

 一刻も早くお礼の言葉、そしてカンパ関連のご報告をしなければいけないところですが、とり急ぎ、葬儀の際に私が読ませて頂いた彼への弔辞をここに掲載して、まず最初のご報告に代えさせて頂きたいと思います。

 以下、原文のまま。

下山 隆君のご霊前に、謹んで哀悼の意を表します。

 ニザ、お帰りなさい。
 本当に、よく帰って来てくれましたね。
 でも、馬鹿野郎… 本当に、馬鹿野郎です。
 雪をかじってでも、私たちが救助に行くのを待っていてくれると信じていたのに。何としてでも、生きて連れて帰りたいと、みんなそう思っていたのに。

 今日は、朝日小屋の元管理人・私の父下澤三郎との繋がりで始まった貴方の山人生を、最後は私に締めくくってほしいという、奥様直子さんの思いから、貴方にお別れの言葉を述べさせて頂きます。

 ニザ、祭壇の前の写真の貴方は、とってもいい顔しています。
 去年の秋、黒部峡谷・下の廊下を往復して阿曾原温泉小屋へ、稜太君と一緒に行った時の写真ですね。
 子どもたちに、空手や柔道、釣り、そして山。パパが大好きなことを全部教えたくて、子煩悩だった、家族を愛した貴方だったのですね。

 ニザ自身が下澤三郎の追悼集「逢いたくて」に書いてくれていますが、貴方が初めて北アルプスの最北端朝日岳に登ったのは、昭和52年(1977年)7月、初めての山行として参加した泊高校山岳部の夏山合宿。当時の山岳部は、辻先生たち顧問の先生方のご指導の下、結構ハードな山歩きをしていたように聞いています。

 これも追悼集に書いてくれていますが、その後週末従業員というか、アルバイトとして、アットホームな朝日小屋が好きで、素朴なおやじが好きだということで、暇さえあれば朝日小屋に通ってくれていましたね。私の実家にも、毎日のように出入りしてくれていましたね。
 楽しかった小屋での思い出も尽きません。プロレスのアントニオ猪木のテーマ曲で、モノマネをしてくれたことなど、いろいろありましたね。
 貴方の言葉を借りれば、朝日岳はニザにとって『わが心のシンボル』、そして朝日小屋は『私の登山人生のルーツ』だそうです。

 そんな貴方は高校卒業後、当時の電信電話公社に就職。その後会社組織がNTTに移行してからも、ハードな仕事の合間を縫って、山行を続けていたと聞いています。
 特に、ふる里の山へは、毎年実家へ里帰りした際に、黒菱山、初雪山、そして立山方面の山へと、足しげく通っていたそうですね。

 20歳の時、辻先生はじめ当時の高体連の方々と一緒にネパールの5,000m峰を登り、その時見た高山に憧れその思いをずっと抱きつつ、辻先生と2人「いつかあの高みへ」の思いを実現させて、2004年には8,201mのチョー・オユーからのスキー滑降を成功させています。本当に素晴らしい、実力ある岳人であると誰もが認めるニザでした。

 そんな貴方が、好きな山で、自分が一番好きな地元の山域で、一瞬にして命を落としてしまうなんて、本当に信じられません。今の私の気持ちは、言葉になんて表せないくらい複雑です。

 今回、当初の予定では、栂池から入山し、小蓮華・雪倉・朝日などを廻って蓮華温泉に下りるという予定を立てていたはずでしたね。
 貴方が入山した4月16日、お天気はそれ程悪くなかった。ただかなり風が強かったと聞いています。
 単独行の貴方は、多分強風を避け、当初予定していた厳しいコースを変更し、安全策としてひとまず蓮華温泉へ滑り込むルートを選んだのではないかと推測します。でも叶わなかった…。

 今回まとまった休暇が取れた貴方は、友人にあてたメールの中で書いています。「一生に一度はやりたかった…」そんなコースをいくつか挙げて、とにかく白馬・雪倉・朝日周辺を歩きたかったし、滑りたかった。その山懐の中に入りたかった。好きだったんだものね、この山域が。

 ニザが行方不明になってから1か月、自分たちの足でこそ現場に捜索には行けませんでしたが、ご家族や友人・知人たちは出来る限りのことをしました。
 救援のためのカンパ活動も、同級生や知り合いをはじめ、全国からたくさんのご支援を受け、何としてでも貴方を見つけたいと、短期間のとりくみでしたが、本当に多くの善意がよせられました。有難いことです。感謝しています。そんなみんなの思いが、きっと貴方に通じたのですね。

 ご家族の皆さんは、この1か月大変でした。でも、大切な人が帰って来てくれて、本当に良かったですね。
 奥様の直子さんは、今回山へ出発するニザのために、おにぎりを作って持たせたそうです。実は、そのうちのいくつかが食べてあって、2個が手つかずで残っていました。それを知った直子さんはこう言われました。「最後の食事が、私の作ったおにぎりで良かった…」
 長男の雄太君と次男の稜太君は、ゴールデンウイークの間中、栂池で捜索の手掛かりを求めてビラまきをしてくれました。
 雄太君は、ずっとパパの携帯に電話をかけ続けていました。何度も何度も。
 稜太君は、出発するパパに、カエルのマスコットを身に着けて持って行ってもらったそうです。だから、パパは帰って来てくれたのだと思います。
 お父様お母様、そして弟の浩二さん、いろいろ大変ですが、これからも助け合って、頑張ってくださいね。
 ニザ、貴方が愛したご家族のこと、頼みましたよ。

 貴方が雪山に消えてしまって、実は私は心配しました。直子さんや子どもたち、ご家族が、一生山を恨んだりしたらどうしようって。
 でも取り越し苦労のようで、少し安心しています。
 パパが大好きだった山へ、朝日岳へ朝日小屋へ、今度はみんなで行こうといってくれています。この次からは、子どもたちがパパに会いに山に登って来てくれると思うと、何だかホッとしています。

 ニザは、追悼集「逢いたくて」の文章の最後で、こう書いてくれていますね。
 『ゆかりさん、がんばってね』
 頑張りますよ、登山者の皆さんが安全に楽しく、山を歩いてくださる、そのお手伝いをするのが私の役目ですから。

 今日は、山が、朝日岳が、良く見えています。

 山の上の、まだずっと遠くて高い所から、みんなを見守っていてくださいね、ニザ。