北アルプス 朝日小屋

朝日小屋 TEL 080-2962-4639(衛星電話)
北又小屋 TEL 0765-84-8809
開設期間外 朝日小屋連絡所
 〒939-0711 富山県下新川郡朝日町笹川 清水ゆかり
 TEL & FAX 0765-83-2318

2020年度は、朝日小屋、朝日平キャンプ場、北又小屋、北又キャンプ場はすべて営業休止です。

次の記事

新年、初めての日記

2013-01-25

写真
快晴の中、里から望む朝日岳と前朝日 ポツンと朝日小屋も見えます!  13.1.24 

 2013年、初めての日記です。

 新年のご挨拶をするには、ずいぶん遅くて申し訳ないのですが…。

 『謹賀新年』

 今シーズンも、どうぞよろしくお願いいたします。

 …大勢の登山者の皆様に可愛がって頂ける朝日小屋を目指して、ガンバリマス!!!

 何を書こう、どう書こう、と悩んだり考えたりしているうちに、あっという間にもう1月下旬。

 2013年のシーズンインに向けて。

 とにかく、元気いっぱい!!

 今の時期は、今シーズンのスタートに向けていろいろと準備を進めつつ、身体も心もバッチリ「フル充電!」している今日この頃です。

2012-2013 越年山行

2013-01-25

写真
2013年は、燕山荘で迎える   2013年元旦

 実は、「人生初!」の越年登山に行って来ました。

 北アルプスで、この時季営業しているのは、通年営業の西穂山荘と、年末年始限定営業の燕山荘のみ。

 何度か行ったことのある燕山荘で、今年は年を越そうという企画に集まってくれた仲間と5人で、2013年を迎えました。

 2012.12.30 中房温泉泊
 2012.12.31 中房温泉~合戦尾根~燕山荘
 2013. 1. 1  燕山荘より下山

 中房温泉では、大好きな温泉に、ゆっくりと心地よく浸かりました。

 燕山荘までは、暴風雪と寒さの中ではありましたが、仲間たちと一緒に頑張って登ることが出来、また到着した山荘での寛いだ時間、夕食の後に出された年越し蕎麦や、元旦に頂いたおせちにも、大感激!!!

 あいにく、年末年始にかけての寒波襲来で、燕岳山頂の登頂は断念せざるを得ませんでしたが、風速30mを超えたであろう暴風雪の中でしたが、厳しくも楽しく有意義な冬山を満喫することができ、思い出に残る越年となりました。

 一緒に登ってくれた皆さん、中房温泉の皆さん、燕山荘の赤沼社長をはじめスタッフの皆さん、そして燕山荘で出会った皆さん、本当に有難うございました。

 また、お会いしましょうね。

写真
写真
写真
写真
写真
写真

 

今シーズン初の、山スキーに!!!

2013-01-25

写真
無風・青空の好天に恵まれ、栂池スキー場上部・天狗原にて  2013.1.21

 平日は空いているのですが、週末に仲間たちが行く山スキーにはなかなか同行できず、悶々とした毎日を送っていましたが…。

 今年から立ち上げた、『平日・山スキー部』。
 女子だけでなく、男子も大歓迎。

 今週初め、同行してくれるメンバーに恵まれ、その部活動の一環として、栂池スキー場の上部にある天狗原まで行って来ました。

 朝日町から、Bちゃん夫妻とすずちゃん、私の4名。

 そして地元の白馬村から、山もコースも知り尽くした、スペシャリストの皆さん4名。

 「白馬の王子様」こと、遭対協・白馬常駐隊の永井さん
 バックカントリーのガイドも手掛ける、雑誌で売出し中の高橋君
 八方尾根のインストラクター、某有名メーカーもスポンサーに付く佐藤君
 前回も栂池スキー場で付き合ってくれた、笑顔の素敵な「平日女子スキー部」新入部員の大嶋さん

写真

 そんな8名で出掛けた、今シーズン初の山スキー。

 無風で、青空の広がる快晴の中、標高2,000mを超える山岳帯からのダウンヒル。本当に最高でした!!

 メンバー、お天気、そして雪質。どれも最高の条件に恵まれ、本当に楽しい時間でした!!

 お付き合いくださった皆さん、有難うございました!!!

 なお、滑るだけで一生懸命な私は、滑っている写真や動画が撮れないので、楽しい様子をぜひBちゃんのブログbanchiの日記からYouTubeでご覧ください。

写真
写真
写真
写真
写真
写真

私と山スキー

2013-01-25

写真
たった一人で、ホントの「コソ練」 笹川の裏山・三峯(みつぼ)で 2013.1.18

 まさか、山スキーにハマるなんて…。
 この私が、山スキーなんて…。

 12年前に山小屋管理人の仕事に就いて、遭対協の訓練などで初めて雪山に出掛けた頃、救助隊のメンバーから「ゆかりちゃんも、山スキーをやってみれば?」と何度か誘われた。

 でも絶対に、絶対に、首をタテに振らなかった。

 あんな樹林の中を、自由自在にスキーを操って滑り降りられるはずがない。

 雪国生まれの雪国育ち。
 たしかに子供の頃には、小学校から中学・高校と、学校からのスキー実習などがあり、無理やり急斜面を滑ったのかもしれないが、当時の「子ども心」には『急斜面とスピードに対する、恐怖心』しか残っておらず、OL生活も送っていない私としては、「私をスキーに連れてって!」などとは無縁のその後を過ごしたから。

 当時は、(今と比べても)まだまだスキーは「お金のかかるスポーツ」だったし、姉妹の多い私の家で、自営業を営む両親以外に子供をスキーに連れて行ってくれる周囲の大人もいなかった。

 そんな私が、50歳を過ぎてから、こんなに「ゲレンデスキー」「山スキー」にハマろうとは。。。

 オフシーズンを悶々と、ほぼ「引きこもり」状態で過ごしていた約10年間。
 今思えば、もったいなかったなぁ…。

 3年前、「そうだ、私も山スキーしてみようかな!」何気なく、フッとそう思ってから。

 でも、今だからこそ、いろいろな条件に恵まれて、こんなに一生懸命になれているんだろうな。

 楽しいことでも、付き合ってくれる、一緒に楽しみを共有してくれる『仲間』がいなかったら、こんなに夢中になれないこともよく分かった。

 今、本当に楽しい。
 山スキーに行きたいからと、スキーの基礎技術習得のため昨シーズンから真剣に取り組み始めたゲレンデスキーにも、また山とは違った爽快さを見つけて、ゲレンデにも足繫く通うようになった。

 もちろん、激しい山スキーに出掛けた後には、相当の疲労感が残るのも事実だけど、でもまた出掛けたくなるから不思議。

 怪我しないよう、仲間に置いて行かれないよう、技術も磨いて頑張りたい。

 三峯(みつぼ)は、笹川の裏山。

 この積雪期の間は、車が入る最終地点からシールを付けて林道を歩くこと1時間ちょっと。

 実は、その昔ここは、地元の小・中学校がスキー実習に行く、立派なスキー場だった。(リフトはないけど)

 小学生の時、スキーを担いで、延々と歩いた記憶がある。懐かしい思い出。

 こんな所が、今は、私の「コソ練」場所になるなんて。

 写真は、正しく(!?)コソ練した、18日の様子。
 21日の天狗原山スキーに向けて、とにかくシールを付けて歩かなくっちゃと思い、雪の降る中を出掛けた、貴重な時間。

 こんな裏山でも、この日は、フワッフワッ、パフパフのパウダーだった。

写真
写真
写真

今スキーシーズン、ここまでの活動

2013-01-25

写真
「平日女子スキー部」の活動 栂池スキー場にて 2013.1.7

 最初に、言い訳しておきますが(苦笑)。
 もちろん、遊んでいるばかりじゃないんですょ(苦笑)。

 でも、スノーシーズンに入って、三峯でのコソ練も入れたら、もう7回スキー板に乗りました。

 昨シーズンにゲレンデスキーを始めたのですが、一番最初に出掛けたのが2012.1.30です。
 今シーズンは、雪が早くから降ったこともあり、12月中にはすでに4回滑ることが出来ました。

 お陰様で、すずちゃんというパートナーがいてくれるので、スキー場までの車の運転など助けてもらっています。

 すずちゃんの、スキーに取り組む前向きな姿勢、パワフルな滑り、楽しんでいる様子等などに勇気をもらって、元気に「平日女子スキー部」の活動に精を出しています。

 他にも、下手な私を置いてきぼりにせず最後まで付き合ってくれるメンバーたちもいて、本当に素晴らしい仲間に恵まれて幸せです。

 以下、簡単ですが備忘録的に、ここまでの様子をUPしておきます。

写真
今シーズン初滑りは、一人で栂池 ゲレンデ用の新しい板で 2012.12.11
写真
「平日女子スキー部」シーズン初の活動は、マモちゃんをコーチに迎えて栂池 2012.12.17
写真
非圧雪バーンを求めて、シャルマン火打へ コーチはシュンちゃん 2012.12.21
写真
コルチナスキー場は、昨年すずちゃんがスキーデビューした思い出の場所 2012.12.27
写真
「平日女子スキー部」は、美味しいものを食べるのも楽しみ! 栂池 2013.1.7
写真
一人淋しく「コソ練」 でも何故か、満面の笑み 三峯 2013.1.18
写真
最高のひと時、楽しい仲間と山スキー  天狗原  2013.1.21

 

山スキーの練習に、シャルマン火打スキー場!

2013-01-30

写真
剱澤小屋の新平君と  13.1.30

 今日は、若い男子たちに連れて行ってもらって、シャルマン火打スキー場で非圧雪バーンを滑って来ました。

 里では小雨だったのに、スキー場が近付くにつれて雪に変わりました。さすが、シャルマン!!

 一日中小雪時々雪降りの天候でしたが、お陰様で前日の凸凹も消え、新雪の積もったふかふかパフパフ・パウダー。

 とても楽しく、また勉強になり、頑張って滑れた満足の一日となりました。

 まだまだ「へっぴり腰!」の私ですが、何事にも練習です(苦笑)。

「大丈夫!」「行ける!」「ガンバるぞ!」 。。。 「行くしかない!!!」
 急傾斜で狭くて困難なバーンや、樹林帯を目の前にした時には、そんな呪文(?)を繰り返しながら突っ込んでいます(苦笑)。

 ゲレンデスキーもそうですが、少しずつ少しずつ非圧雪バーンの滑りも覚えて身体が動くよう、山スキーでも皆さんに迷惑を掛けないようにしたいです。

 一日付き合ってくれたイケメン3人組、本当に有難うございました。

 もちろん超一流の滑り、剱澤小屋の若主人・佐伯新平君。
 パワフルで、かつ華麗なボーダー、S君。
 猛特訓中、でも確実に上達しているオッジー。

 そして2月の「山スキー合宿」(何処?)に向け、同じく猛特訓中の私…でした。

写真
写真
写真

    

行方不明の、下山 隆(ニザヤマ タカシ)君を捜しています!!!

2013-05-07

写真
昨年秋、小学3年の次男を連れて、「黒部下の廊下」を往復した時  2012.10

 数か月ぶりの日記になりました。

 それが、こんな記事になろうとは思ってもいませんでした。

 先月16日(火)に栂池ロープウエイ最終駅を出発し、天狗原・白馬乗鞍岳を越え、雪倉岳・朝日岳・蓮華温泉方面に出掛けたまま行方不明になっている、単独行の登山者がいます。

神奈川県横浜市在住の男性(52歳)は、下山 隆君。

 実は彼は、富山県朝日町出身で、高校時代に朝日小屋でアルバイトをしていました。
 亡父・下澤三郎が管理人をしていた、昭和50年代のことです。

 今回、1週間という長い休暇が取れた彼は、大好きな通い慣れた地元の山域へと向かいました。

 遅くとも先月21日には帰宅する、という彼が戻って来ないのを心配した奥様が、立ち寄るはずだった蓮華温泉ロッジに電話を入れましたが、顔を見せていないということで長野県大町警察署に捜索願が出されました。

 その後、長野・新潟・富山の各県警がヘリコプターからの捜索を行なってくださいましたが、今日現在未だ発見されていません。

 ゴールデンウイーク中には、大勢の登山者の入山が予想されるということで、ご家族が捜索のお願いでビラを撒かれることになり、友人たちや私も栂池ロープウエイ駅へ行って来ましたが、手掛かりは得られませんでした。

写真
登山者の皆さんに、捜索のお願い 中央黄色のダウンが奥様 栂池ロープウエイ駅にて  2013.4.27

 装備について等、詳細については、横浜に戻られたご家族や友人たちが点検作業をしている最中なので、詳しくは分かっていませんが、単独でのスキーでの山行です。

 彼は、20歳の時にネパールの5,000m峰を登り、43歳の時には8,000m峰チョー・オユーからのスキー滑降も成功させています。

 武術の全国大会で優勝したり、トライアスロンの大会に出場したり、常日頃から身体を鍛えていた彼です。

 上の写真は、下山君が昨年10月に黒部下の廊下へ、小学3年生の次男を連れて行った時のものです。

 阿曾原温泉小屋に泊まったそうですが、小さい子ども連れだったので、オーナーの佐々木 泉さんが覚えておられました。

 秋の忙しい時だったけれど、下山君から声を掛けて来てくれて、「泊高校出身です」と地元の高校で山岳部だったことを話してくれたそうです。

 小さい息子さんが、頑張って歩いて来たのでご褒美にプリンをあげたとかで、よく覚えているとのことです。

 そんな彼が、地元の山で行方不明になるなんて、信じられない思いです。
 何としてでも、連れて帰りたい一心です。

 どうか、白馬岳・雪倉岳・朝日岳・蓮華温泉方面で、何か情報がありましたら、朝日小屋連絡所までご一報頂けないでしょうか。

 よろしくお願いいたします。  

下山君発見、のご一報

2013-05-16

写真
在りし日の下山君、昨秋の阿曾原温泉小屋にて

 下山 隆君を捜してほしいと、このHPで書きましてから今日まで、皆様方には多方面からのご支援や援助を頂きまして、本当に有難うございました。

 残念ながら、昨日(5月15日)午前11時半頃、山に入ってからちょうどひと月、還らぬ人となった姿で下山 隆君は発見されました。

 発見された場所は、蓮華温泉ロッジからわずか30分程、天狗の庭付近の沢です。

 ヘリコプターで収容された彼を、ご家族と一緒に糸魚川警察署まで迎えに行き、昨夜遅く朝日町泊のご実家に連れて帰りました。

 未だ混乱の中ですので、詳細やご挨拶などは、後日とさせて頂きたいと思いますので、ご了解願います。

 なお、彼を救援するためのカンパ活動には、全国から多大なご協力を頂きました。本当に有難うございました。重ねてお礼を申し上げます。

 本当に有難うございました。

 とり急ぎ。