北アルプス 朝日小屋

朝日小屋 TEL 080-2962-4639(衛星電話)
北又小屋 TEL 0765-84-8809
開設期間外 朝日小屋連絡所
 〒939-0711 富山県下新川郡朝日町笹川 清水ゆかり
 TEL & FAX 0765-83-2318

2020年度は、朝日小屋、朝日平キャンプ場、北又小屋、北又キャンプ場はすべて営業休止です。

次の記事

2008年、今年もどうぞ宜しくお願い致します!!!

2008-01-01

夜明け前、玄関の戸を開けたら…   燕山荘にて   07.12.29の画像

夜明け前、玄関の戸を開けたら…   燕山荘にて   07.12.29

 新春を寿ぎ、謹んでお慶びを申し上げます。

 新しい年が、素晴らしい一年でありますように。
 今年も、多くの皆様方との素敵な出会いがありますように。

 宜しくお願い致します。 
 
 ガンバリマス!!!

  2008年 元旦

    北アルプスの最北端、朝日岳(2418m)
   
        朝日小屋 管理人  清水ゆかり

ようやくに、始動…

2008-01-02

燕岳からの下山、雪に埋もれた合戦小屋前にて   07.12.29    photo by shunの画像

燕岳からの下山、雪に埋もれた合戦小屋前にて   07.12.29 photo by shun

 暮れの30日夕方に、年末山行から帰宅。
 頑張って年末の仕事を。。。
 と思いつつも、何やかやと雑用をしつつ、ゴロゴロうろうろ。。。

 年を挟んで、ようやく今日から始動デス!

 年末山行で「火が点いた(!?)」のか、『山へ行きたいなぁ…』と思っています。

 年末年始にかなりの量の雪が降った、北陸地方です。
 今ならもしかして、標高2,700mを超える燕山荘への登りよりも、トレースの付いていない近所の里山へ行って来る方が、よほど大変かもしれません。

 雪の中で「もがいてみる!」のも、それもまた、いいかも…。

 今年も頑張って、山を歩きたいデス!!!

 上の写真、右の“こんもり”とした大きな雪の塊が、合戦小屋です。
 真ん中に居る、赤いウエアーは私。

「啓蟄」も過ぎて

2008-03-06

大地(おおち)山頂にて  08.3.4    photo by  shun    の画像

大地(おおち)山頂にて  08.3.4 photo by shun

 2ヶ月以上もの長い間、日記を書きませんでした。
 ご心配をお掛けしました。

 本当に、あっという間の2ヶ月間でした。
 特に病気だったとか、何か“とんでもない事件”が発生していたと言うわけではありません。

 ただ、身近で諸々の事情があり、本当に忙しかったのです。

 会議やら“出張”などの、「仕事」もしていました。
 いろいろな事情で、例年より遅くなってしまった「確定申告」の提出も、本日ようやく終わりました。

 この後の3月中も、いろいろとあるのですが、でもこれで少し落ち着きました。

 また、日記を書くことができるようになって、私自身ホッとしています。

 元気で居ります。
 これからも、応援してください。
 よろしくお願い致します。

 上の写真は、シュンちゃんから送られてきました。

 実は日記を書かなかった間、何処の山へも行けませんでした。
 この後は、私も残雪の山を目指して、ガンバリマス!!!
 

東京へ、高山へ、そして今週末は…

2008-03-06

「かっぱ橋道具街」へも、行って来ました!   08.2.18の画像

「かっぱ橋道具街」へも、行って来ました!   08.2.18

 2月中旬には、岩崎元郎さん主宰「無名山塾」の新春パーティーに出席するため、東京へ。
 本当はゆっくりしたかったのですが、殆どとんぼ返りで、早朝の高速バスに乗り、翌日の深夜の高速バスで帰富。
 何処へも行く気はなかったのですが、浅草寺とかっぱ橋道具街へ立ち寄って来ました。これも、仕事。

 3月3〜4日は、三県山小屋協会の総会が岐阜高山市で開かれ、黒部の山小屋の皆さんと一緒に出席して来ました。
 
 昨日5日は、立山町にて、環境省・富山県と関係機関との会合。登山道整備についての内容でした。

 今週末には、朝日岳方面遭対協の春山救助訓練が、大地〜初雪山方面であり参加します。

 オフも、ナンダカンダと、やっぱり忙しい…。
 山小屋関係者の間でも、3月の声を聞くとザワザワしてきます。

 “ホンモノ”の春も、すぐそこまで来ているようですね。

明日は、山へ!!!

2008-03-07

謙信も、上手に歩けるようになりました!   08.2.21の画像

謙信も、上手に歩けるようになりました!   08.2.21

 久し振りに、山の道具を目の前にして、山行きの準備。
 
 期待感と、かなりの緊張感と。

 2ヶ月以上歩いていないので、不安もあるのだけれど、明日からはお天気も良さそうなので、頑張って行って来ようと思う。

 朝日岳方面遭対協の、春山訓練。
 大地から、初雪山方面。
 雪洞での一泊。

 何度も行っている山とはいえ、気を引き締めていかねば。

 大好きな大好きな、大地から初雪山。
 あの稜線は、今回はどんな表情で迎えてくれるだろうか。

 

初雪山(1,610m)…朝日岳方面遭対協、春山訓練へ

2008-03-11

雪煙を上げる、初雪山   大地直下から見る   08.3.9    photo by Sの画像

雪煙を上げる、初雪山   大地直下から見る   08.3.9 photo by S

 8日から9日にかけて朝日岳方面遭対協の春山訓練があり、参加して来ました。

 「夢創塾」から出発して、鍋倉山を経て大地山頂付近で雪洞泊。
 翌日は、雪洞泊地点を出発して初雪山を往復し、同じルートを「夢創塾」へ下山。

 私にとっては2年振りの大地、そして初雪山。
 
 疲れもありますが、無事に訓練を終えることができ、本当に良かったです。
 
 今回は、お陰様で2日間とも天候にもメンバーにも恵まれ、大変有意義な訓練となりました。

やっぱり、初雪山…

2008-03-11

初雪山山頂にて  朝日岳をバックに  08.3.9    photo by Sの画像

初雪山山頂にて  朝日岳をバックに  08.3.9 photo by S

 今回の訓練には、朝日岳方面遭対協から6名、宇奈月町遭対協から3名、朝日小屋から(私以外)1名、そして講師として富山県警山岳警備隊から3名の、計13名の参加がありました。

 ベテランから新人までいろいろなメンバーが揃っての訓練となりましたが、雪山での1泊2日の登山と生活の諸々は、あれもこれも大変勉強になり、また親睦も多いに深まった様子です。

 大地・初雪山には、昨年は一度も登る機会がなく、2年振りの山頂となったわけですが、大好きな初雪山は今回も優しく迎えてくれました。

 大地から初雪山の稜線、その魅力。
 …身震いするくらいの、凛として近寄りがたいような雄雄しさと。
 …まっすぐまっすぐ延びて続いて、堂々とした中にある気品と気高さと。
 …大地山頂に立つと、すーっと自然に足を前に踏み出したくなるような、両手を広げて待っていてくれるような、そんな不思議な感覚も。

 今年、初雪山山頂を踏めて、本当に良かったです。
 

「巨大雪洞」を掘る!

2008-03-12

見事な雪洞が出来上がるまで  大地山頂直下にて  08.3.8の画像

見事な雪洞が出来上がるまで  大地山頂直下にて  08.3.8

 今回の遭対協春山訓練は、テントを持たずに雪洞で泊まる計画。

 一昨年、黒菱山の春の訓練でも、同じくらいの人数で大きな雪洞を造り上げた実績もあるので、参加者一同今回も自信を持って取り掛かりました。

 総勢13名がゆったりと寝れるような、そんなイメージで始まりました。

 最初は、中の雪を外に放り出す為に必要なこともあって、3箇所の穴を開けて奥に向かって掘り進み、その後横に掘って繋げて、あとから2箇所の穴を塞いで最後には入り口を1箇所にする作戦。

 上の写真を見てもビックリするのですが、かなり大変な量の雪を掘ったんです。

 ただ今回は、前回と比べても雪が案外と軟らかく、所要時間も前回より短くて2時間での完成となりました。

 警備隊のTさん、宇奈月遭対協のTさん、朝日岳方面遭対協のN君の奮闘が光りましたが、全員の力で見事に出来上がったと思います。

 共同作業の後は、懇親もチームワークも深まり、楽しく快適な雪洞生活となりました。